アルミキャストの特徴とメリットとは【金属加工に役立つ情報】

用途に応じて容器を選ぶ

容器

耐熱温度と強度を知る

プラスチック容器は、普段の生活でも多く使われています。しかも、透明な物から半透明や着色されたものがあります。そのため、色によって使い分けるという工夫もできて便利です。そして、形や大きさも様々ありますが、選ぶときに重要なポイントになるのが耐熱温度と強度です。用途に応じて選ぶことが必要ですが、電子レンジで使う場合にはプラスチック容器が溶けないように耐熱温度を確認して使う必要があります。ポリプロピレンで作られているプラスチック容器は100度以上まで耐えられるため、電子レンジでもそのまま使うことができます。もちろん、基準もあり、ポリプロピレンだけでは110度が限界です。しかし、PPFといわれるポリプロピレンと無機物を使って作られたものに関しては130度まで耐えられる構造になっています。ちなみにプラスチックは基本的には柔らかい素材となっていますが、強度が強いものもあります。ポリスチレンとほかの物質を組み合わせたもので、HIPSや透明PSなどがあります。それに加えて、ABS樹脂は強靭な素材ですが、熱にはあまり強くないという面があります。そのため、重いものなど工業用製品を入れる容器は、強度も確認をしておく必要があります。最近は、プラスチック容器の環境性能も向上していてい、焼却してもダイオキシンが発生しない素材があります。代表的なものでは、ゼオパクトAアロイ樹脂があり、110度まで耐えられる素材です。しかし、注意しなければならない点もあり、素材によって化学反応を起こして変質するものがあります。そのため、柑橘類を入れる容器は注意書きをよく見て使うことが大切です。

Copyright© 2017 アルミキャストの特徴とメリットとは【金属加工に役立つ情報】 All Rights Reserved.