アルミキャストの特徴とメリットとは【金属加工に役立つ情報】

形状づくりに適した金属

資材

自由な造形が可能

溶かした金属を型に流し込む製法のことを鋳造と言います。金属には様々な種類が使われ、アルミキャストではアルミニウムという金属を使うのが特徴です。鋳造は初めに型を作る必要がありますが、複雑な形状も一発で製造できるというメリットがあります。製品が持つ厚さも場所によって柔軟に変えられることから、色々な製品にアルミキャストが使われています。鋳造の中でもアルミキャストを利用するメリットは、他の金属に比べると軽いという特徴を持つアルミニウムを使うことで、製造物の軽量化を実現できる点にあります。例としてあげられるのがアルミホイールです。一般的な鉄鋼を用いて作られたスチールホイールは、安価で作れるという利点がある一方で重くなってしまいます。同じ強度を持つホイールを作るならアルミキャストで作られたアルミホイールの方が軽く、速度を重視するレーシングカーの分野で多用されています。自由な造形が可能になることから、デザインの分野でもアルミキャストは主要な製造法の一つです。ビルなどの建物には周囲にデザインを施すために、アルミキャストによって作られたパネルが設置されることがあります。プレス加工では作りにくい曲線が入り組んだ形状も、アルミキャストなら簡単に作ることができます。建物で使う場合は同一形状のものを組み合わせるケースが多く、型を使って量産できるのもこの手法が多用される理由です。熱を加えて溶かしやすいのもアルミニウムの特徴です。アルミキャストで作った製造物は、不要になったときでも再利用が容易です。

Copyright© 2017 アルミキャストの特徴とメリットとは【金属加工に役立つ情報】 All Rights Reserved.