アルミキャストの特徴とメリットとは【金属加工に役立つ情報】

容器

用途に応じて容器を選ぶ

プラスチック容器を選ぶときには、耐熱温度と強度で選ぶことが大切です。特に、電子レンジに使うタイプは変形など原因になるため、ポリプロピレンなど熱に強いものを選びます。それに加えて、重いものを入れるときには、強度も確認しておくことが必要です。

詳しく見る

倉庫

安く仕入れることができる

中古パレットは新品に比べて半額以下で購入をすることができます。そのため、大量に必要な工場や運送業で多用されています。最近は、木製中古パレットを一般個人で購入して、ベッドやテーブルとしてDIYして使われていることもあります。

詳しく見る

資材

原料に合わせた加工方法

金属には鉄やアルミなど様々な種類がありますが、それぞれ適した加工方法は異なります。金沢市内の業者に依頼して、最適な方法で優れた材料に金属加工してもらいましょう、原料を材料として使えるようにする他、そのまま製品の制作も依頼できます。

詳しく見る

アクリル板

製法で違った特徴も

最も基本的なアクリル板は、押出成形で作られ数ミリから10ミリ程度の厚さを持つのが特徴です。配合する素材や表面の加工法によって様々なバリエーションが作られており、裏面に蒸着フィルムを貼ることで鏡の代わりとして使えるものも登場しています。

詳しく見る

資材

形状づくりに適した金属

金属の中でもアルミニウムを使った鋳造のことをアルミキャストと言います。アルミニウムは金属の中でも軽いため、アルミキャストで作った鍛造品は重量を抑えられるというメリットがあります。プレス加工と違って、アルミキャストなら自由な造形も可能です。

詳しく見る

金物は鉄だけじゃない

資材

アルミの強みが活きる

金属からできた金物は、頑丈なこともあって様々な用途に使われます。現代では金物もいろいろなタイプが出ています。使われる金属も鉄ばかりではなく、用途に合わせて使い分けが行われています。アルミキャストは、鉄以外の金属を使った金物の代表と言ってもいいでしょう。名前の通り、アルミを使って作られています。現代に幅広く浸透している物の一つですが、それにはどんな特徴があるのでしょうか。アルミは、軟らかく加工がしやすいことが特徴の金属です。そんなアルミの特性を、最大限に活かして作られているのがアルミキャストです。専用の金型に熱で溶かしたアルミを流し込み、固めることで製造を行います。表面が滑らかなことや、アルミ特有の光沢があることが大きな特徴です。金網や穴あきパネルなど、アルミキャストには複雑な加工がされた物が数多くあります。他の金属ではできないような無理が効くというのも、アルミの金物ならではです。アルミキャストは、他の金物と比べると若干コストが高めです。と言うのも、アルミキャストの製造は金属から金型を作るところから始まるため、その過程でどうしても製造コストがかかってしまうからです。しかし、金型さえ用意できればそれを使い回せるため、大量生産においてはコストに優れるというメリットがあります。このメリットをうまく使い、数が必要な物をアルミキャストで発注するのがおすすめです。金物を発注する際は、それがどんな工程で作られているかを知っておくことで、安い物と費用がかかる物が区別できます。

Copyright© 2017 アルミキャストの特徴とメリットとは【金属加工に役立つ情報】 All Rights Reserved.